【work】水屋民芸箪笥(タモ総無垢材で製作)の製作途中です。 栃木県宇都宮市 S 様 

栃木県宇都宮市のS様の民芸水屋箪笥(総無垢使用)製作工程の途中経過をUPします。木取り加工の板から少しづつ削り込み、反りの無い板が出来上がりましたので本加工に入ります。全てがタモの総無垢材使用でこだわりを御持ちのS様ですので、技法・工法の途中をUPし、S様の不安が少しでも解消されたらと思います。上段の写真は千本格子の裏板を張っており、中段の写真は水屋箪笥の裏板に使う無垢板凹凸ホンザネ加工を終えたところです。下段の写真は水屋箪笥本体の左右の側面の板で凹臍加工が終わり組立る前の状況です。後は横板の凸臍加工が終わりましたら、組立に入るので水屋箪笥の姿が見えてきます。
次回は数日後に組立の模様の途中経過をUPしていきますので、楽しみにお待ちください。
水屋箪笥(千本格子裏板)
水屋箪笥凹凸ホンザネ加工
水屋箪笥(凹臍加工終え組立直前)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


PAGE TOP