宮崎椅子製作所の新作フェアー製造工程のDC-9の見学に参加しました

宮崎椅子製作所㈱が4年に一度の数人の家具デザイナーを迎えた第4回の新作展示フェアー製造工程に参加しました。DC-9の製造工程に参加し、座面に刳り抜いたホゾ(2枚目の写真)に脚や笠木(3枚目の写真)にホゾを組み込んだりするホゾ部分の加工説明をしていました。DC-9はソゾを見せて製品にして見せる商品で、宮崎椅子では各種木材材料を正確に加工摺ることで全て曲線で出来たDC-9を制せクすることができます。結局、最後は職人の手仕事で仕上げ完成品となります。
(1枚目の写真)はNCで加工した座面を手仕事で仕上げていく作業です。(2枚目の写真)は座面に直接ホゾを作り2本の筋はクサビを打ち込む為のものです。(3枚目の写真の笠木(もたれ部分)を製作し組立を待つ笠木です。
(4枚目の完成写真)このような工程で宮崎椅子の製品は軽量で丈夫な長持ちするのが良くわかり、宮崎椅子の物づくりの良さが再認識できた見学でした。
DC-9座面
DC-9座面臍
DC-9笠木
DC-9(ウォールナット)②



PAGE TOP