20年以上前の一枚板を削ってみると・・・・・・・。

20年以上前の厚く製材をしていた何枚かの板で表面は汚れていた一枚板を削ってみたら・・・・・・・・、綺麗な表面が出てきました。リビング・ダイニングのテーブルにしたらと思う厚材を引っ張り出し、加工に張る前に表面を調べるために荒削りしたところ、綺麗な表面が現れました。このテーブルは板厚が55mm以上ある贅沢な厚みの板をローテーブルやダイニングテーブルに仕上げる格安の製品です。オイルフィニッシュで仕上げるつもりで、加工に入ります。この製品は後々のメンテナンスも簡単で100年後のアンティーク家具となる逸品です。完成まで楽しみにお待ちください。
DSC_0248
DSC_0306
2000栃一枚板(木裏)



PAGE TOP